寝かしつけ絵本

おやすみロジャー

おやすみのために絵本を読んであげても、寝てくれず、2冊目、3冊目と付き合わされることがよくありました。

私以外にも、「子供がなかなか寝てくれず困った」という声をよく聞きます。

我が子は寝かしつけが必要な年齢ではなくなりましたが、テレビで特集された、あの絵本をもっと早く知っていればと悔やまれます。その絵本は

「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」

スウェーデンの行動科学者であるカール=ヨハン・エリーンさんが2010年に自費出版した絵本です。2014年に英語訳されると口コミで評判となり、イギリス、アメリカ、フランス、スペインでAmazon総合1位を獲得するほどに。

近年、日本のメディアでも「10分で寝てしまう絵本」として紹介されました。

この絵本は眠くなる物語を描いただけでなく、眠るための方法が組み込まているのが特徴です。

絵本の読み手の手引に
・「ゆっくり静かな声で読む」とか
・「あくびをする」など
寝かしつけの方法がポイントごとに記されているんです。

寝かしつけで悩まれているようでしたら、ぜひ試してみてください。
おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本 [ カール=ヨハン・エリーン ]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です