スーツを家庭で洗濯する方法

方法はこの2つ

  • 洗濯機のドライコース
  • 浸け置きしてから手洗い

 

いずれの場合もまずは色落ちチェック。洗剤の原液を目立たないところに付けて5分放置したら、ティッシュなどをあてても色移りしなければOK。

 

試すならスーツの内側、袖口とか、燕尾の部分とか。同じ生地のパンツがあればそちらでためすのもアリですね。

スーツを洗濯機で洗濯する方法

まずは、洗濯機のドライコースで洗濯する方法です。

スーツは折りたたんで洗濯ネットに入れます。ネットの中で衣類が動かないように折りたたんだスーツやパンツがぴったり入る大きさがベスト。

折りたたむ時は型くずれしないように、キレイに畳んでくださいね。特にスーツの肩の部分。途中で折れ曲がらないように丁寧にたたみましょう。

 

 

それではいよいよ洗濯機の中へ。コースはドライコース。
洗剤は「おしゃれ着用」などと呼ばれるエマールなどのドライコース用の洗剤を使います。

 

スタートボタンを押したら、しばらく洗濯機におまかせ♪

 

洗濯が終了しても乾燥はしていないので、ズッシリ重い。脱水も型くずれしないようにドライコースだとゆるめの脱水になっているんです。

 

洗濯ネットからだしたら、太めのハンガーに吊るして乾かします。細身のハンガーしか持っていない場合はタオルを巻いて太くするなんて方法があるそうですう。みなさん工夫していますねぇ。

 

乾いた後は手洗いと同じなので、続きはアイロンがけのコーナーで!

スーツを手洗いで洗濯する方法

これもセーターとやり方はほぼ同じ。

1.洗い桶と洗濯液を準備

手洗いはスーツが浸かる大きさの桶にぬるま湯(30度以下、洗濯表示に指定があればそれ以下の温度で)をはり、指定量のおしゃれ着用洗剤をいれます。

 

2.スーツを畳んでつける

スーツは畳んでから洗い桶につける。あまり小さくしすぎないたたみ方がいいです。

 

3.かるく押し洗い

つけ置きで済む汚れならできるだけ触らない。汚れは軽く押し洗いする程度。洗濯液を繊維の間に行き渡らせるイメージで。

 

4.押し洗いが済んだら15分ほど放置

洗剤が行き渡り汚れが浮くまで15分程放置します。そしたらスーツをひっくり返してもう一度軽く押し洗いをします。

 

5.すすぎは2回程度

押し洗いと同じ要領で、1分ぐらいのすすぎを2回ほどします。洗剤が落ちればいいので、すすぎ前に脱水する必要はありません。

 

6.脱水はバスタオルを活用

バスタオルに形を整えた衣類をはさみます。洗濯機の脱水機能を利用する場合は洗濯ネットに入れて15秒程度。

 

7.すぐに干す

水が終わったらすぐに干します。肩の型が崩れないように、太めのハンガーに吊るして乾かします。細身のハンガーしか持っていない場合はタオルを巻いて太くするといいですよ。

 

スーツのアイロンがけ

干し終わったスーツにアイロンがけをします。アイロンは低~中温であて布をして行います。強い力で押すと変なシワや線が入ってしまうのでアイロンの重みだけで滑らせるのがコツです。むしろ少し浮かせるぐらいが丁度いい。

 

あまり強い力で押すのではなく、少し浮かせるような感じでやるとうまくいきます。

 

肩のアイロンが特に難しいです。丸みを持たせるために、方に丸めたタオルを詰め込むとか工夫するといいですよ。神経質になってへんなシワ折り付けちゃうぐらいなら、肩の部分はそこそこでも良いです。

 

平らにアイロンがけが出来るところだけにして、肩はが上手く出来なければハンガーに吊るした状態でスチームを掛けてあげる。

 

あとは重さで自然と伸びるのを待ちます。

 

いかがでしたか。最初は失敗が恐いので最悪あきらめられるスーツで試して手順やコツを掴んでから本番にのぞみましょう。

 

トップへ戻る→育児グッズ
SEO対策テンプレート

 

© 2017 洗濯方法 rss